[30日間無料体験!] amazonプライムの入会方法と注意すべき3つのこと

この記事ではamazonプライムの入会方法と注意すべき3つのことを解説していきます。

amazonプライムは、Amazonが提供する定額の会員制プログラムで、お得な値段でさまざまな特典を受けられるサービスです。

そんなamazonプライムですが、入会するにあたっての入会方法の操作や無料体験の期間、解約方法など、入会する前に不安に感じる部分があると思います。

「無料体験期間」だからといって注意すべき点を確認しないと、失敗をする可能性もありますので、事前にこの記事でしっかり確認してから無料体験をしましょう。

「amazonプライムってなんだっけ?」って人はこちらの記事をごらんください。

>>今更聞けないAmazonプライムとは?Amazonビデオとの違い

[30日間無料体験!] amazonプライムの入会方法

まずは、Amazonプライムの新規登録画面を表示しましょう。

パソコンやスマホから「Amazonプライム」の新規登録画面にアクセスしてだくさい。

amazonプライム

Amazonプライムの新規登録画面が表示されたら「30日間の無料体験を試す」をクリック。

学生の人は学生プログラム「Prime Student」がお得です。

次にamazonプライム会員費のプラン選択の画面になりますのでお好みの方を選択してください。

*申し込み者の状況により、「ログイン」 「会員費のプラン選択 」「支払い方法」「請求先住所」などの画面がはぶかれることがあります。(Amazonで何かしらのアカウント、登録したことがある人)

「30日間の無料体験を試す」をクリックして登録完了です。

関連記事>>amazonプライム会員登録ができない場合

amazonプライムの入会で注意すべき3つのこと

それでは、amazonプライムの入会時に注意すべき3つのことを確認して行きましょう。

それぞれの注意点を確認し失敗しないようにしましょう。

  1. Amazonプライム会員内容の確認
  2. Amazonプライム会員のお支払方法の確認
  3. Amazonプライムのキャンセル方法の確認

Amazonプライム会員内容の確認

今現在、自分がamazonプライム会員かどうかわからない場合があります。

「そんなことあるの?」

と思うかもしれませんが、意外と「過去に登録しているのを忘れている」ことがあるので不安な人は自身がAmazonプライム会員か確認してみましょう。

その他、現在の契約状況も変更もできますのであわせて確認してみましょう。

ステップ①

自分のamazonアカウントにログインし「アカウントサービス」を開く。

*右の「▽」にカーソルを合わせるとアカウントメニューが表示されるので「アカウントサービス」をクリック。

ステップ②

アカウントサービス画面になるので「プライム」をクリック。

ステップ③

確認画面に移動するとプレミアム会員かどうかが確認ができます。

「お客様はプライム会員ではありません」と表示されている場合はプライム会員ではありません。

amazonプライム会員無料体験の場合(会員)

amazonプライムに入会し無料体験期間中の人は、

「会員タイプ」「会員資格更新日」「管理する」の項目が表示されます

「会員タイプ」

会員タイプではプランの変更、確認ができます。(無料体験期間終了後のお支払い方法です)

その他、学生向けのPrime Studentの詳細も見れます。

「会員資格更新日」

会員資格更新日では、「無料体験の期間」(有料会員は入会日など)と支払い方法の確認と変更ができます。

注意点:有料会員に自動更新される前(無料体験中)に解約しないと支払いが発生します。

無料体験期間は開始から30日間です。

無料体験期間を過ぎると自動で有料会員に更新されて会費の支払いが発生しますので、期間は注意しましょう。

「管理する」では無料体験期間終了のメールお知らせを受け取れるので設定しておくとよいでしょう。その他、解約手続き(プライム無料体験と特典利用を止める)をする場合も同画面で行います。

Amazonプライムのお支払方法の確認

amazonプライムのお支払い方法は4つです。

  1. クレジットでの支払い
  2. あと払い (ペイディ)
  3. 携帯決済
  4. Amazonギフト券払い

Amazonギフト券払いは、クレジットカードを持っていない人にでも利用できます。

amazonプライム無料体験の場合「クレジットカード払い」と「携帯決済」のみ対応です。

クレジットでの支払い

支払いに使えるクレジットカードブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • Diner’s Club
  • JCB
  • 銀聯(クレジットカードのみ利用可)

Visaプリペイドカード、Vプリカカードまたはau WALLETカード、Amazonウォレットのご利用については、詳しくはこちら

すでにAmazonアカウントでクレジットカードの設定を行っている人は再度設定は不要です。

新しいカードの追加、切り替えも出来ます。

クレジットカード支払いなら、Amazonプライム会員無料体験への申し込みが可能です。

あと払い (ペイディ)

あと払い (ペイディ)は、決済サービス会社Paidyが提供する翌月まとめ払いサービス。翌月に銀行振り込みやコンビニ払いする支払い方法です。

氏名、住所、Eメールアドレス、携帯電話番号を入力するだけで登録は完了。クレジットカードがなくても利用できます。

購入の翌月10日までにコンビニ、銀行振込または引落しでお支払いできますが、手数料がかかることもあるので注意。

  • コンビニ払い(支払手数料: 356円(税込)
  • 口座振替(支払手数料: 無料)
  • 銀行振込(支払手数料:金融機関により異なる)

コンビニ払いや金融機関により手数料がとられてしまったら、amazonプライムのお得さが失われてしまうので、 あと払い (ペイディ) を利用する場合は口座振替に」しましょう。

その他、ペイディアプリから本人確認をするだけで、小売り商品は分割手数料無料の3回あと払いに変更可能になります。詳しくはこちら

あと払い (ペイディ) は、amazonプライム会員無料体験には対応していません。

携帯決済

携帯決済を利用すると、月々の携帯電話料金と一緒にお支払いできます。

携帯決済サービス事業者
  • NTT docomo
  • au
  • SoftBank
  • Y!mobile

携帯決済なのでクレジットカードを持っていない未成年の人でも、Amazonプライム会員になれます。

詳しくはこちら

携帯決済なら、 Amazonプライム会員無料体験への申し込みが可能です。

Amazonギフト券払い

Amazonギフト券は、Amazonやコンビニなどで購入ができ、自身のAmazonアカウントにギフト券を設定するだけでプライム会員の支払いが可能です。

Amazonギフトカードは、 Eメールタイプ、印刷タイプ、チャージタイプ、グリーティングカードタイプがあります。

それぞれの状況に合わせてタイプを変更できるのが便利ですね。詳しくはこちら

注意:「amazonプライムのお支払い方法に問題があります。」

近年、「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちらー不正なURLー」などの文言でフィッシングサイトに誘導するメッセージが増えているようです。

手口としてはSMS(携帯電話番号宛に届くテキストメッセージ)で、URLを含むメッセージが送られてきて、リンク先を開くと公式サイトに偽装した偽のログイン画面に誘導するようです。

誘導先のフィッシングサイトは公式サイトを模倣しており、見た目だけで判断することは困難ですが、amazonがSMSを使って連絡をしてくることはまずないので、SMSにくるURLは絶対開かないようにしましょう。

不安な場合は、自身のamazonアカウントで確認するのが確実です。

Amazonプライムのキャンセル方法の確認

amazonプライム会員無料体験を使ってみて、「この先あまり使う機会がなさそうだなぁ」という人もいるのではないでしょうか。

プライム会員無料体験は 、期間が終わると有料会員に自動更新され、支払いが発生しますので「やっぱり必要ない」と判断した人は、会費を引き落とされる前にプライム会員を解約をしましょう。

Amazonプライムのキャンセル方法

amazonアカウント→ アカウントサービス→プライムをクリック→管理する

「プライム無料体験と特典利用を止める」をクリック。

会員資格終了の確認画面になるので、解約する場合は「特典と会員資格を終了」をクリックで完了。

Amazonプライムの解約方法をもっと詳しく知りたい人はこちら

>>Amazonプライムの解約を詳しく見る

注意点1:Amazonプライム無料体験は何度も申し込めるのか?

過去12か月の間にAmazonプライム会員になったことのない方は、無料体験にご登録いただけます。

Amazonヘルプ

「Amazonプライム無料体験に登録する」のページに以上の記載があります。

「過去12カ月の間でAmazonプライム会員になったことのない方は」と書いてあるのように、解約後は最低1年以上の期間を開けないと、再登録する際は無料体験が使えないので注意しましょう。

無料体験に登録できるアカウントには、「30日間の無料体験を試す」のボタンが表示され、表示がなければ、無料体験には登録できない状態ということです。

注意点2:Amazonプライム会員登録キャンセルのお知らせ

「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。 」と同様、公式サイトを模倣したフィッシングサイトに誘導するメッセージです。

他にも、様々な内容の詐欺メールが送られてくる場合がありますので、SMS経由で送られてくるURLは基本アクセスしないようにしましょう。

間違ってもアクセスして「IDやパスワード」など、個人情報の入力をしないようにしましょう。

基本的にAmazon側が勝手に契約内容を変更することはありませんし、SMSで連絡をしてくることはありません。

Amazonプライムの契約内容を調べる場合は、必ず自身のamazonアカウントから確認、変更するようにしましょう。

コメント