SSL証明書ってなに?ワードプレス無料SSL設定の手順

ブログを始めてまだまだ分からない事だらけ

「書き方」や「何を書けばいいか」

など、課題は盛りだくさん。。。その前に設定関係も心配。

 

 

そしてメールに

重要】Webサイトコンテンツがブロックされる可能性があります。

 

 

この記事を読めば

1.証明書とはなにか?
2.ワードプレス無料SSLの設定

がわかります。

 

SSL証明書ってなに?

【重要】Webサイトコンテンツがブロックされる可能性があります。

当初からメールにこの内容が届いていて「重要」と書いてあるので読んでみるが、、、

意味が分からんw

とりあえずSSL証明書を買ったほうがよい事は伝わったが、SSL証明書が何なのかわからない。。。

試しにメールのリンクから手続きをしていくと・・・・料金が高い。。。大体3000円~数十万のものまで(びっくり)

 

いろいろSSL証明書で調べてみると、

1.サイト自体の安全性を証明書するためのもの。

2.https化対応をしないとWebサイトが正常に表示されなくなる

3.有料と無料がありサポートや安全面で違いがある

 

サイト自体の安全性を証明するもの

SSL証明書とは、chromeなどのブラウザに対し証明書を使って本物のサイトであることを証明するもの。

https化対応をしないとWebサイトが正常に表示されなくなる

「https化」とは常時SSL化する事。常時SSL化とは

「http」から「https」に常時URLを変更するという事です。

常時SSL化しないとWebサイトが正常に表示されなくなり、URLの所に

「保護されていない通信」と表示されます。

この表示は、サイト訪問者にセキュリティーの安全性がないことを知らせ、「https」化していないページは離脱者が多くなります。

 

有料と無料がありサポートや安全面で違いがある

基本的には有料で数千円から数十万円するものもあります。

サービス面で値段が高くなるので用途により選ぶとよいでしょう。

 

エックスサーバーでは無料SSL証明書があります。

Xserver Business

ブログをこれから始めようとする方にはわかりやすくおすすめです。

ワードプレスでクリックスタートというプランもあるので初心者にはわかりやすいです。

私もこれで初めました。

 

 

無料独自SSL証明書

始めたばかりで集客がない私のページにはすぐには必要性を感じなかったので、放置していましたが定期的にメールは送られてくる

重要の言葉が怖い、、、「なりすまし」などもあるみたいなので、また少し調べる。。。

 

そして調べていくうちにXserveに無料のSSLがあることを思い出しましたw

契約時に一緒に設定していたので、とりあえずこれを設定してみよう。

 

エックスサーバー無料独自SLLの設定

エックスサーバーの自分のアカウントにログイン

サーバーから

「サーバー管理」をクリック

サーバーパネルの画面に移動するので、ドメインの所にある

「SLL設定」をクリック

ドメイン選択画面になるので設定するドメインを選び

「選択する」をクリック

SSL設定画面になるので、独自SSL設定追加のタグで設定する。

無料独自SSL一覧に設定されます。

 

 

自分のページを確認

変わってないw

 

エックスサーバーにて

ご利用のCMSにおける常時SSL化

運用するCMSにおける常時SSL化は、前項の手順に加えて、プログラミングのインストール後以下の設定が必要

ワードプレス

ワードプレス管理画面から「設定」→「一般」にある「ワードプレスアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」の設定内容を、https通信時のURL(https://~)に変更してください。

まだやることがあるのね、、

(ちなみにCMSとは簡単に言うなら使ってるソフトウェアね。私であればワードプレス)

 

上記に従いワードプレスの設定変更。

 

 

再度自身のページを確認。

変わっていないのでまた調べる・・・

 

エックスサーバーにて

Webサイトの常時SSL化

独自SSLの設定が完了した時点では自動的に「htpps://~」のURLへ転送されません。

Webサイトにおけるすべての表示を常時SSL化する場合は、「.htaccess編集」で以下の記述を追加します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

「http://~」のURLでアクセスした際、自動的に「https://~」のURLへ転送されていれば設定完了。

 

最初にやったのはエックスサーバーでのSSL設定

順番が逆になったがWebサイトの常時SSL化もする

 

つまりエックスサーバー内で独自SSLの設定をしただけでは、自動的に「http://」から「https://」に転送(変わらない)されないとの事です。

 

そして、自動的に転送するには上記のように.htaccess編集で何やら上記のコードを入れる必要があるらしい・・・

 

初心者にできますか?wwwこれ

でもやるしかない!!!

 

エックスサーバー .htaccess編集

エックスサーバーアカウントにログイン

マニュアルの所のエックスサーバーをクリック

 

マニュアルの画面に移動するので下にスクロール

サーバーについての「.htaccess」をクリック

.htaccess

このページに行くといろいろ書いてますが、、、つまりはホームページ上の設定ですな。

スクロールしていくと設定詳細が記載されているのですが、、、

 

.htaccess編集のどこに貼ればいいかが書いてありません。

*コードは初心者がいじって間違うともう直せないので慎重にね!

 

初心者でもコピペで問題はないが肝心の貼る場所がわからない。

エックスサーバーのサイトには

 

このように、エックスサーバーのマニュアルには「コピペしたコード」しか記載されてませんが

自分のページにはこれ以外にずらっとコードが・・・

 

どこに貼るか書いてよーーーーww

 

答え

一番したの3行がコピペしたコードです。

つまり

「# END WordPress」の下にコピペしたらOKと言うことです!

 

 

まとめ

今回やった内容

SSL設定をするには(エックスサーバー無料SSL設定)

1.エックスサーバーでのSSL設定

エックスサーバーでのどのSSLに設定するかの設定

2.ワードプレスでのSSL設定

自動的に「htpps://~」のURLへ転送させる設定

3.エックスサーバーで.htaccess編集

Webサイトにおけるすべての表示をSSL化する設定

 

 

いやー面倒くさかったw

でも何とか自分のブログのURLの所から「保護されていない通信」が消え常時SSL化ができました。

 

個人ブログなどでは、高額なSSL証明書は必要ないですし、今後必要な時に導入すればよいかと思いますので、初心者はSSL設定も金額も考慮するとエックスサーバーがおすすめですね。

コメント