検索順位を上げるために初心者が重視するたった「2つ」のSEO対策  

ブログを始めたばかりの数か月は検索順位が中々あがらないものです。

「このまま続けても意味があるのだろうか?・・・」

「記事の作成方法が何か間違っているのではないだろうか・・・」

そんな不安で記事を書くモチベーションが下がってませんか?

結論、初心者でも検索順位はあげれます。

この記事では私自身がSEO対策で重点的に改善し、効果的であった内容を初心者にわかりやすく 解説します。

人気記事:初心者が簡単に確実に収益を上げる方法

検索順位を上げるために初心者が重視するたった「2つ」のSEO対策 

世の中にはSEO対策はたくさんあります。

そして「どれが正解か」ということは実際にありません。

ブログ初心者の人はこれを聞いて結構びっくりしたのではないでしょうか?

検索順位を上げる方法というと、専門家だけが知っている魔法のような方法がありそうですが、そんなものはなく、効果がある方法を検証し積み上げていっているにすぎません。

そういう意味では初心者でもSEO対策で検索順位を上げることは十分に可能です。

現在のSEO対策で一番効果があるといわれているのは「被リンクをもらうこと」(他のサイトからリンクを貼ってもらうこと)ですが、なんの専門知識がない初心者が被リンクをもらうことは難しいです。

しかしそんな初心者でもできることはあります。

それは自分の記事のクオリティを上げることです!つまり要点をついたリライトです。

初心者はまずSEO対策でとても重要な以下の「2つ」のことを意識しリライトするとよいでしょう!

  1. 検索順位を上げるための重要なSEO対策① キーワードを見直す
  2. 検索順位を上げるための重要なSEO対策② コンテンツの質の向上

検索順位を上げるための重要なSEO対策① キーワードを見直す

SEO対策の一つで重要なのは「キーワード」です。

「どんなことを知りたいか」「どんな悩みを抱えているか」これが検索意図です。

それに対して調べるワードを「キーワード」といいます。

キーワードを見直す

キーワードというのは知りたい情報の簡潔な言葉で、そのキーワードに対してどういった「検索意図」があるかを徹底的に考え、明確にする必要があります。

キーワードに対して検索意図がズレているような記事だと「的外れ」なのでユーザーに読まれる確率は低く、離脱率も上がります。

対策

キーワードを決めたら、ユーザーがそのキーワードで検索する意図、理由などを徹底的に考えましょう。

「何を知りたいのか」「どんな悩みがあるのか」を徹底的に深堀し書き出してその答えを記載するのです。

実際にGoogleで上位表示されているサイトを研究し、検索意図を推測するのも効果的です。

競合が少ないキーワードで新たな記事の作成する

検索意図を意識できるようになったら、新たに競合が少ないキーワードを狙い記事を書いてみましょう。

というのも競合の多いキーワードで上位を狙うのは難しく初心者に向きません。

キーワードプランナーなどを使い競合が少ないキーワードで記事を書く上位表示が狙いやすくなります。

検索順位を上げるための重要なSEO対策② コンテンツの質の向上

SEO対策でもっとも大事なのが「コンテンツの質」です。

近年、Googleのクローラーは進化し小手先のテクニックが通用しなくなってます。

その上で「コンテンツの質」をあげるということはどういうことでしょうか?

それは「検索ユーザーを満足させような記事を書く」ということです。

「検索ユーザーを満足させる記事」=コンテンツの質を上げる対策として「対人」と「対Google」で考える必要があるのでそれぞれ解説していきます。

検索順位を上げるためのSEO対策・対人

SEO対策というとなんだか難しそうに思いますが「対人」でのポイントは「検索ユーザーを満足させる」ということで、疑問に対し解決や満足を与えるこというです。

Googleのガイドラインでは「ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する」とあります。

つまりGoogleで上位表示されるには、Googleを使うユーザーが

「何を知りたいか」を徹底的に考え、知りたいことに対して

「解決や満足」を与えるコンテンツにすることが大事ということです。

簡単にいうと「悩みを解決する記事」ということです。

SEO対策・対人のポイント

  • タイトルに対して答えを提示する
  • 記事の見やすさ
  • 他の記事が書いていないことを書く
  • 情報を最新にする
タイトルに対して答えを提示する

コンテンツの基本として疑問に対して答えを提示しないと解決には至りません。

必ずタイトルに対して答えを提示する記事にしましょう。

記事の見やすさ

記事のわかりやすさや見やすさを確認しましょう。

段落の活用や改行、画像での説明など、とにかくユーザーが見やすいように作成しましょう。

具体的には「スペースを空ける」「漢字を多用しない」「画像を入れる」など

読むことは脳に負担がかかり疲れます。その負担を減らしてあげるようなライティングをしましょう。

他の記事が書いていないことを書く

「情報量を増やす」というと難しく感じますが、初心者でも出来ることがあります。それは

「自分の体験を書く」ことです。つまり商品レビューですね。

その他オリジナルの画像や動画など、オリジナリティがある情報には価値があります。

情報を最新にする

これは当たり前のことですが、昔の情報では何の役にも立ちません。書いた内容が古くなったら新しい内容にリライトしましょう。

古い内容しかないキーワードは狙い目でもあります。

検索順位を上げるためのSEO対策・対Google

対GoogleでのSEO対策は様々ありますが、Googleに対し明確に「良いコンテンツ」と示せるものがあります。

それはデータです。

滞在時間や完読度、同じサイトの他の記事を見ることや外部リンクをもらうことなどは全てデータで残りそれを基準に評価されます。

対GoogleでのSEO対策はそれぞれを向上させる事が効果的な対策となります。

SEO対策・対Googleのポイント

  • 滞在時間を延ばす
  • 離脱率を減らす
  • 内部リンクを貼る
  • 外部リンクをもらう
滞在時間を延ばす

滞在時間の合格点は「3分以上」と言われています。

いかにユーザーに文章を長く読んでもらうかはライティング力にかかっています。

代表的な対策としては、「冒頭の文で答えを提示する」「自分事と思わせる表現の文章」「執筆者の開示」などがあります。

とは言えすぐには出来ないので初めは意識するように以上を書くとよいでしょう。

これ漫画で読みやすい。

離脱率を減らす

離脱率とは記事の途中でページを離脱される率です。

離脱率を減らすには最後まで読まれる文章にすることで、初心者ができる離脱率を低くするポイントは「文章の読みやすさ」を見直すことです。

滞在時間を長くすることにもつながりますが、読みやすい文章であれば最後まで読まれる確率は上がり離脱率も低くなります。

文章構成や誤字脱字、漢字の使い方など、読みやすい文章になるようにライティングを心がけましょう。

内部リンクを貼る

内部リンクとは自分のサイト内で記事同士にリンクを貼ることです。

記事の孤立を避けることにも効果的で、サイト内の回遊度が上がることで滞在時間を長くすることにもつながります。

内部リンクを貼ることで、「同じサイトの記事をたくさん閲覧されている」とSEOの評価が高まります。

関連記事や合わせて読みたい記事、人気記事など用途に合わせ適切なリンクを貼りましょう。

基本的に総合リンクにしサイト全体で孤立する記事がないように気を付けましょう。

外部リンクをもらう

被リンクと言われるもので、外部からリンクを貼られる事でサイトの評価が上がります。

現在のSEO対策で一番効果があると言われていますが、被リンクをもらうことは難しいです。

ツイッターなどでシェアされやすいようにサイト内にSNSバナーを貼っておくことや、SNSのユーザーを増やすなどの対策をしていくとよいでしょう。

そして何よりコンテンツの質を上げる事でサイトの信頼を上げることです。

検索順位を上げるためのSEO対策 まとめ

現時点でのSEO対策はこれが正解!という答えはありません。

なぜなら、答えがあるなら特定のサイトがすべてのキーワードで1位をとっているからです。

どんなにSEOの知識やスキルがあろうとそういたテクニックだけでは検索の順位は上がらないことは証明されています。

なので初心者でもポイントをつかめば効果的に検索順位は上げれます。

ポイントは

  • 対人、対Googleの両方をバランスよく考える
  • 検索ユーザーを満足させる内容を意識する

満足する内容を意識し読みやすい文章で書くことで結果、対人、Googleの対策になります。

小手先のSEO対策ではなく、

ユーザーを第一に考え明確な答えを提示できるコンテンツを作ることが、今後の効果的なSEO対策と言えるでしょう。

コメント