[簡単解説] MetaMaskのダウンロード方法とBSCの接続、設定方法

この記事はDeFiを始める人向けにMetaMaskのダウンロード方法とセットアップ、Binance Smart ChainBSC)の接続、設定方法」を解説していきます。

MetaMaskはDeFi(分散型金融)で取引をするために必要な仮想通貨を入れておくためのウォレットです。

MetaMaskをダウンロードすることで様々なDeFiサービスを利用できるようになります。

逆にウォレットをもっていないとDeFiにはさわれないのでDeFiを始めるならまずはMetaMaskをダウンロードしましょう。

さらにMetaMaskのデフォルトは手数料が安い「Binance Smart Chain(BSC)」 がつながっていないので接続、設定方法も解説していきます。

この記事を最後まで読むとMetaMaskのBSC(手数料が安い)でDeFiを始めることが出来ます。

MetaMaskのダウンロード方法

MetaMaskのダウンロードは簡単にできます。

「ダウンロード」というよりGoogleクロームの拡張機能を増やすという感じです。

Metamaskのダウンロードの流れ

MetaMaskのダウンロード

MetaMaskのセットアップ(パスワード設定とシークレットリカバリーフレーズの保管)

まずはMetaMaskを開いていきますが、たまに偽物があるので気をつけましょう。

【MetaMask】

MetaMask - A crypto wallet & gateway to blockchain apps
A crypto wallet & gateway to blockchain apps

上のURLは安全です。

必ずURLを確認(metamask.io)しダウンロードするようにしてください。偽物のMetaMaskをダウンロード設定すると当たり前ですが入れたお金は盗まれます。

対応しているブラウザは「Google Chrome(グーグルクローム)」「Firefox(ファイアフォックス)」「Brave(ブレイブ)」「Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)」。

「Google Chrome」「Microsoft Edge」が利用できるので、ほぼすべての人が利用できます。

MetaMaskのダウンロード

安全なURLからMetaMaskのページにアクセスしてダウンロードボタンをクリック。

ブラウザを選択(今回はChrome)し「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

Chromeウェブストアのページに移動するのでMetaMaskを追加しますか?の「拡張機能を追加」をクリック。

(こちらのページ→ MetaMask – Chrome Web Store で直接Chromeで開いてもOKです。)

これでchromeの拡張機能としてMetaMaskのダウンロードは完了。

開始をクリックするとセットアップに進みます。

MetaMaskのセットアップ(パスワード設定とシークレットリカバリーフレーズの保管)

MetaMaskをダウンロードしたらパスワードの設定とシークレットリカバリーフレーズの保管をしていきます。

シークレットリカバリーフレーズとは

MetaMaskを違うブラウザやPCで開くためのパスワードのようなもので、セットアップ時に提示される秘密の暗号です。

このシークレットリカバリーフレーズがないと違うブラウザやPCで開けなくなってしまいます。

パスコンの破損などの場合、シークレットリカバリーフレーズを忘れるとMetaMask内の通貨は取り出せないくなるので、必ずバックアップを取り厳重に管理しましょう。

「開始」をクリックするとウォレットのインポートか作成の画面になるので「ウォレットの作成」をクリック。

インポートは違うブラウザやPCで復元する時につかう画面です。

MetaMaskの品質向上へのご協力のお願いは「同意します」をクリック。

パスワードの設定画面では任意のパスワード作成してください。

「使用条件を読んで同意しました」にチェックし「作成」

パスワードは推測されにくい内容にし、しっかり管理しましょう。

ここではリカバリーフレーズについて解説されています。確認したら「次へ」

ここが一番重要です。矢印の「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックするとバックアップフレーズは表示されるのでその文字を保管してください。

保管方法はメモや画像などでよいでしょうが、メモなどの紙は燃えるなどの紛失リスクがあるので、「燃えないようなものに刻んで金庫で保管する」みたいな人もいます。

そのくらい重要な内容なのでしっかり管理しましょう。

最後にバックアップフレーズの確認があるので、赤枠内に表示されている各フレーズを並べて先ほど表示されたバックアップフレーズを完成、確認してください。

確認が終了するとMetaMaskのセットアップは完了!パスワードを入力し利用できるようになります。

MetamaskをBinance Smart Chain(BSC)に接続、設定をする方法

Metamaskをダウンロードしセットアップが終わると、DeFiサービスにアクセスできるようになります。

しかしMetamaskはデフォルトだと「Binance Smart Chain(BSC)」に接続できない状態なので接続、設定してきます。

なぜイーサリアムメインネットを利用しないの?

元々接続されているイーサリアムメインネットを利用しない理由は手数料が高いからです。

仮想通貨をウォレットから出し入れする時は基本的に手数料がかかります。

イーサリアムメインネットは信頼性がありますが手数料がバカ高いので、初心者や低額運用者には不向きです。(状況によりますが1000円送るのに5000円かかるなど)

資産量が少ない初心者は手数料負けするので、初めは手数料が安いBSCを使用し、慣れてきて資産量が増えてきたら信頼性が高いイーサリアムメインネットを利用するという流れがよいでしょう。

Binance Smart Chain(BSC)はBINANCEが開発しているブロックチェーンです。

ブロックチェーンといえBINANCEという取引所が開発しているので、中央集権よりで十分に分散されているイーサリアムよりリスクはあります。(BINANCEがつぶれればBSCは不安定になり最悪のケースでは資産が消失することもある等)

その点イーサリアムは十分に分散されている分散型なのでこういったリスクがありませんが、その分現状では手数料が高いです。

現状では倒産などの傾向はありませんが、手数料が安いBSCにはそういったリスクがあることも理解しておきましょう。

MetamaskにBSCを接続、設定する方法

MetaMaskのネットワークから「カスタムRPC」を選択

ネットワークの画面に移動するので「ネットワークを追加」をクリック。

右の丸いアイコンの「設定」からもネットワーク画面に移動できます。

「ネットワークを追加」 をクリックすると「新しいネットワーク」を設定できるので各項目に入力してください。

各項目は以下の通り画像と同じでOKです。

  • ネットワーク名「Binance Smart Chain」
  • 新規 RPC URL「https://bsc-dataseed.binance.org」
  • チェーンID「56」
  • 通貨暗号(オプション)「BNB」
  • ブロックエクスプローラーのURL(オプション)「https://bscscan.com」

入力後「保存」でネットワークの所にBinance Smart Chainが接続されます。

送金などの時はネットワークを確認しましょう。

MetaMaskの日本語設定

MetaMaskのデフォルトは英語なのでわかりにくいという人は「設定」から日本語にできます。

右上の丸いアイコンから「設定」→以下の画面になるので現在の言語から「日本語」を選択してください。

まとめ

この記事ではMetaMaskのダウンロード、セットアップ、Binance Smart Chainへの接続方法、日本語の設定を解説してきました。

今回のポイント

  • 「パスワード」と「シークレットリカバリーフレーズ」をしっかり管理
  • 初めは手数料が安いBinance Smart Chainを利用する

仮想通貨やDeFiを始めるならMetaMaskは必須のアプリです。

初めはわかりずらいですが、使用していくと慣れてくるので大丈夫です。

パスワードとシークレットリカバリーフレーズをしっかり管理し、Binance Smart Chainに接続できたら早速DeFiを始めてみましょう!

>>[DeFiとは?] 初めてでもできる!DeFiの仮想通貨運用完全ロードマップ

コメント